どんな商品があるの?

食品に対して信用が高いジャパンブランドですが、キャットフードですとそうとばかりはいえません。欧米に対し、ペットの扱いが低い日本では、ペットフードに対する基準が低いのが実情です。ですがすべての会社のペットフードがダメというのではありません。獣医師が推奨しているものは安全ですし、なによりオリジナルの基準で安全対策を行っている会社もありますので、それを見極める必要があります。

見極め方としては、私たち人間が食べる食品と同じように、素材がしっかりと表記してあるもの、余分な添加物が入っていないものを選べば良いのです。ペットに関しては、ヨーロッパ、アメリカ、カナダなどが進んでいるといわれますが、国だけで安心してはいけません。国内産と同様に表記をしっかりとみておいたほうがよろしいでしょう。原産国はヨーロッパであっても生産国がアジアで、添加物が入っていたという話もあります。表示の確認は行うようにしましょう。

お勧めのフードはイギリスのカナガン、ジャガー、ドイツのアニモンダ、アメリカのアズミラなどです。どのメーカーの商品も人が食べられる材料を使い、カロリー計算が行われている商品ですので安心して使用することができます。

原材料・製法について

プレミアムキャットフードは、基本的に人間が食べられるものを材料に使っています。そのため食感や味を無視するのであれば、人間が食べても何の問題もありません。

4Dミートという食材があります。病気にかかった動物の肉、廃棄処分された肉、死骸の肉などのことで、人間用に使用されることのない肉です。ですが安価で取引されるためキャットフードに使用されていることがありますので、安売りのフードは注意が必要になります。特に人間の食品衛生をあまり考えていない国のフードにはご注意ください。人間に対しても考えていませんので、ペットフードとなるとまるで考えていません。長持ちするための酸化防止剤や保存料、食いつきが良くなるための香料などが必ずといっていいほどに入っていますので原産国には注意してください。

プレミアムキャットフードは人が食べられるものを材料として使用していますが、穀類は入っていません。穀類は人は食べますが、コストを下げるための嵩増しのために使うもので猫にとっては不要な栄養素です。プレミアムキャットフードは素材や品質にこだわった製品ですので、猫にとって必要な栄養素が入っているだけでなく、その猫の年齢や体系(肥満)などの条件によって選ぶことができるのです。